日々感謝

母の友人は母の作るカレーがとても好きらしく、とうとう友人専用鍋が出てまいりました。
友人さんはお礼に畑で採れた野菜などを持ってきてくれます。
現在は平成だけど、昭和時代の良き物々交換だとおもいました。
ちなみに私はスーパーのレジで働いていた事があります。
色んなお客様がいましたが、明らかに値下げを狙っているお客様は何処でもいるようで、twitterでも「レジあるあるbot」「毒吐きチェッカー」等と言ったアカウントがあります。
私も良くそこで愚痴をこぼしたものでした。
値下げの時間になるとお客様はお惣菜を持ってシールを貼って貰うのですが、毎日来るお客様がいて、レジ袋が有料だと知ると無料のお弁当用の袋を要求してきたものでした。
『この人は何かに感謝する事があるのだろうか?』と他人の事なのに考えたりします。
スーパーのお弁当が半額になるのは当たり前かもしれないけれど「いつも安く売ってくれてありがとう」とお客様は思ってくれているのだろうか?と考えます。
なんでも手に入りやすい現代だからこそ、当たり前の事に感謝するのも悪くないなあと思いました。
とりあえずはいつも美味しいカレーを作ってくれてありがとう、と母親に感謝します。